診療のご案内|武田整形外科|岡山県備前市 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科

診療のご案内

診療のご案内

診療方針

当院では以下の理念に基づいて診療を行っています。

  • 患者さんのよりよい明日のための
    医療を提供します。
  • 親切・丁寧で安心できる
    医療を提供します。
  • 地域の皆様に愛されるクリニックに
    なるために最高の努力をします。
  • 仲間と信頼関係を築き、
    協力し成長します。

診療方針

治療内容

一般整形外科

一般整形外科

  • 骨折、脱臼、捻挫、打撲、切り傷 などの外傷(ケガ)
  • 腰痛、肩こり、関節痛、神経痛、しびれ など運動器のトラブル

サイレントマニピュレーション

サイレントマニピュレーション
(五十肩・凍結肩治療)

凍結肩(いわゆる五十肩)に対して肩関節の可動域拡大・疼痛改善を目的に非観血的関節授動術(サイレントマニピュレーション)という治療を行っております。

サイレントマニピュレーションとは、頸部の神経に麻酔(C5・C6神経ブロック)を行い、徒手的に関節の癒着や関節包(関節を包む袋)の伸張性を改善するという治療方法です。

神経ブロック治療

神経ブロック治療

頚椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアの治療の1つに神経ブロックがあります。X線透視装置やエコーを用いながら仙骨裂孔ブロックや神経根ブロックを行っています。

骨粗鬆症治療

骨粗鬆症治療

信頼性の高い腰椎・大腿骨骨密度検査(DEXA)に加えて骨質の指標となるTBS(海綿骨微細構造指標)が測定可能な機器を東備エリアで初めて導入し(2019年7月時点)、骨粗鬆症の診断・治療を行っています。

日帰り手術

日帰り手術

橈骨遠位端骨折、ばね指、ドケルバン病、手根管症候群、肘部管症候群
などに対する日帰り手術を行っています。

形成外科専門医による眼瞼下垂症に対する手術も行っておりますので、
ご相談ください。

その他

健康教室

体操の指導などを行い、患者さんや地域の方々の健康増進につながるように活動を行っています。

装具療法

変形性関節症や扁平足障害、外反母趾に対して、義肢装具士と協力して、
足底圧の計測や装具・インソールの作成を行っています。

受診のご案内

初診の方へ

初診の方は、以下をご持参のうえ受付でご提示ください。

  • 健康保険証
  • お薬を飲まれている方は、お薬手帳または現在服用中のお薬がわかるもの。
  • 公費を利用して受診される方は、受給者証(老人医療受給者証、乳幼児医療者証など)

予約について

当院は予約制ではありませんので、受付された方から順番で診察になります。
ただし、理学療法士による運動器リハビリテーションは予約制ですのでご了承ください。


薬局・処方について

お薬は基本的に院外処方となっております。
同効薬や併用注意薬の内服を防ぐために、かかりつけ薬局をお持ちになることをお勧めします。


セカンドオピニオンについて

当院で治療中の方で、セカンドオピニオンを希望される方には、
紹介状(診療情報提供書)および、必要に応じ、画像診断フィルムや検査結果などの資料の提供を致します。
ご相談を希望される方は、外来受付窓口にお申し出ください。

地域連携医療機関

高度の検査や入院治療が必要な場合、専門性を要すると判断した場合は
連携している地域の基幹病院・専門医療機関を適切にご紹介させていただきます。
CT、MRI、神経伝導速度検査が必要と判断した場合は、 近くの備前病院またはその他の関連病院で検査し当院でご説明します。